はじめに

ここでは、「会社設立の方法」を紹介しています。

 

法人格を手に入れるということは、様々な面でメリットがあります。そのため、多くの方が法人化します。

 

しかし、法人化することにより、税務の面でも複雑になってきます。

 

「あ、そんな方法があったの?」

 

という感じで、ちょっと専門家の話を聞くだけでも、大きな節税対策に繋がることも珍しくありません。

 

会社設立は自分ですることも可能です。しかし、税務のプロである税理士にお願いする事で、自分たちでは気付かなかった節税対策を教えてもらえたり、会社経営を税務面で大きくサポートしてくれるようになります。

4つのポイント

会社設立の方法は大きく分けて2つ。自分で設立をする方法と代理人に頼む方法です。

会社設立をするメリットはいくつかあります。大きなメリットとして経費削減と信用性のアップが挙げられます。

設立時期は1年の経営の流れを見て行うのも良いですし、事業主によって異なります。

値段で選ぶか、経験で選ぶか。一番は「信頼できるかどうか」ですね。

法人化をするとメリットがあります。その反面デメリットもあります。

 

-PR-
相続静岡

更新履歴


このページの先頭へ戻る